公募スクール

注目のタグ

  • お試し版
  • 添削回数:1回
  • 入門講座
  • 文芸/小説

【郵送利用】お試し版 はじめての小説講座

¥7,600

概要

原稿用紙の使い方からスタートするので、小説を書いてみたいけれど何から始めればいいかわからないという方でも安心して受講できます。文章を「小説」という形にするための基本がしっかり身につきます。【通常はこちら】
お試し版の受講の詳細はこちらをご覧ください。

※課題提出・講評返送は郵送となります。

詳細

対象者

初心者

上達するにはまず基礎から。小説を基礎からしっかりと学びたい人のための講座です。

受講セット

講座内容

課程1|素人くさいと言われない秘訣

「僕は」「私は」など一人称で小説を書く。規定枚数は原稿用紙3枚。

講師のご紹介

上野歩

小説家。『恋人といっしょになるでしょう』で第7回小説すばる新人賞受賞。近著に『お菓子の船』『あなたの職場に斬り込みます!』『料理道具屋にようこそ』など。公式HP『上野亭かきあげ丼』Twitter

誰しも自信はない。だから、勇気をもって挑戦を!

僕が10年間書けなかったのは、1作目に書いたものと同じようなものを書こうとしていたから。本当はそれ以上のものを生み出さないといけないのに、尻込みして書けないと言い訳していたんです。だから、僕も自信がないし誰もがない。でも今は挑戦しようと思っているし、みなさんも勇気をもって挑戦してほしい。そして、わからなかったら、どんどん質問しましょう。質問があるのは、よく考えている証拠。気軽に送って下さい。(「先生はどんな人? 第1回」より)

浅平朋子

フリー編集者、ライター、アニメの専門学校でのストーリー講師も行っており、きめ細やかなアドバイスで基礎を一から説明してくれます。

自分の想いを文章にするのはとても楽しいことですが、ご存じのように、原稿用紙に向かう作業は孤独な一面もあります。けれど自分自身と向き合い、自分の人生と対話するひと時はほかでは経験のできない豊かな時間でもあります。多少つらくなる場面もあるかもしれませんが、二人三脚で、最後まで乗り切っていきましょう。

萩原麻里

ライトノベル作家。『ましろき花の散る朝に』で第10回ティーンズハート大賞佳作を受賞。近著に『呪殺島の殺人』。著書に『黒耀姫君』シリーズ、『月明のクロースター 虚飾の福音』、『異国迷路のクロワーゼ Le cahier d’Yune』など。Twitter

小説とは単なる物語ではなく、そのお話を「どんなふうに読者に紹介するのか」で面白さが変わってきます。

修了生の声

自分の文章を先生に添削していただく機会や質問に答えてもらうことで自信につながった。

親切なアドバイスが得られた。

指摘が的確だった。

講座概要

講座名

【郵送利用】お試し版 はじめての小説講座

講師名

上野歩、浅平朋子、萩原麻里

受講可能期間

2ヶ月

添削回数

1回

受講セット

テキスト・受講ガイド・受講規約・受講カレンダー・開始アンケート・受講票・課題提出票・課題提出用封筒

金額

¥7,600