公募スクール

注目のタグ

  • 通常版
  • 個別添削講座
  • 文芸/小説

公募に勝つ!添削講座

¥4,400~

概要

現役で活躍する小説家・上野歩先生がプロの視点から作品を添削、わかりやすくアドバイスします。

詳細

対象作品

  • 小説一般

講座のポイント

  • 作品の冒頭20ページ(400字詰換算)に赤字添削を入れ、作品の全体について講評します!
  • 文章表現を中心に、わかりやすく丁寧にアドバイスします!

受講規定

・作品の表紙または冒頭に題名と氏名、400字詰換算枚数を明記(表紙は枚数外)。住所や電話番号などの個人情報は書かないでください。
・郵送の場合、作品は右肩をダブルクリップで綴じる。数枚程度の場合はホチキス可。・不測の事故など万一のときのため、作品の控えを残しておいてください。
・講評は基本的に3~4週間でお届けしておりますが、作品枚数が多い場合はもう少しお時間をいただきます。また、GWや年末年始などの時期もお時間がかかります。詳しい時期については、事務局までお問い合わせください。

料金/添削期間

作品数 受講料 添削期間
3枚以内 ¥4,400 3週間程度
4〜5枚 ¥6,600 3週間程度
6〜10枚 ¥8,800 3週間程度
11〜25枚 ¥13,200 3週間程度
26〜50枚 ¥15,400 4週間程度
51〜100枚 ¥22,000 4週間程度
101~150枚 ¥26,400 4週間程度
151〜200枚 ¥30,800 4週間程度
201〜300枚 ¥37,400 5週間程度
301〜400枚 ¥44,000 6週間以上
401〜500枚 ¥50,600 7週間以上

講師のご紹介

上野歩

小説家。『恋人といっしょになるでしょう』で第7回小説すばる新人賞受賞。近著に『労働Gメンが来る!』『鋳物屋なんでもつくれます』『市役所なのにココまでするの!?』『就職先はネジ屋です』『キリの理容室』など。公式HP『上野亭かきあげ丼』Twitter

誰しも自信はない。だから、勇気をもって挑戦を!

僕が10年間書けなかったのは、1作目に書いたものと同じようなものを書こうとしていたから。本当はそれ以上のものを生み出さないといけないのに、尻込みして書けないと言い訳していたんです。だから、僕も自信がないし誰もがない。でも今は挑戦しようと思っているし、みなさんも勇気をもって挑戦してほしい。そして、わからなかったら、どんどん質問しましょう。質問があるのは、よく考えている証拠。気軽に送って下さい。(「先生はどんな人? 第1回」より)

講座概要

講座名

公募に勝つ!添削講座

講師名

上野歩

金額

¥4,400~